2020-09-22

朝論文を書いて、自転車で池袋へ。文芸座でゴダール女と男のいる舗道を観る。女を娼婦に落としたい男の欲望について思いを馳せる。タイ料理を食べて喫茶店資本論を読んだり白痴を読んだり、プログラミングをしたりして時間を潰し、夜飯はかつ屋でカツ丼を食べ、新宿でブルータル・ジャスティスを鑑賞。素晴らしかった。気合が入った。

2020-09-21

四連休の三日目。朝はベッドの中で過ごし、昼から近所の喫茶店で読書。小一時間で喫茶店を出ると自転車が撤去されていて怒り心頭。馬鹿か。毒づきながら電車に乗って保管所に取りに行く。鍵も鎖で壊されていて、引き取りにも3000円もかかり大変な損害。しかしいつまでも落ち込んでいてもさらに損が膨らむばかりなので気を取り直して、また喫茶店で読書。リースマンの孤独な群衆などを読む。夜、イメージフォーラムに移動。道中、ドストエフスキーの白痴を購入し、ゆで太郎で蕎麦を食う。イメージフォラームで「新しい街 ヴィル・ヌーヴ」を鑑賞。暗い色使いや夜の街のシーンは素晴らしく、ところどころ面白いシーンはあるものの(テルミンとドラムのシーンとか)、全体的には詩的すぎて、捉えどころが曖昧な印象。しかし映画後のトーク (細馬宏通さん)は面白かった。アニメーションは描く技法と物語構造を対応づけられるという指摘に新たな気づきを得た。そのまま帰宅。論文を少し書いて就寝。

2020-09-13

起床。珈琲を飲み、ジム・オルークを聴きながら出社。電車内で西村賢太の短編を読む。 ジム・オルーク灰野敬二のライブなどを聴きながら仕事。こういう音楽を聴くことだけが心の癒しだ。 急激に疎外感と無力感に襲われ、苛まれるが、作業に集中することで追い払おうと試みる。自分の無力さに抵抗するには、行動してみるしかないのである。ランチはキスリンの麻婆豆腐定食。午後も仕事だが、くだらない作業をしていたら少し元気になった。夕方は集中力も切れ、同僚と雑談などをして、定時少し過ぎに帰宅。久しぶりに自転車を使う。坂道が辛く、運動不足であったことを実感する。オリジン弁当を食べ、ストレッチをし、論文作業とプログラミングの学習、ギターの練習、ネットの徘徊、就寝。

2020-09-13

新宿のベルクでモーニングを食べ、武蔵野館で「シチリアーノ 裏切りの美学」を観る。昨日の寝不足と映画の難解さが合わさってか、途中で寝入ってしまう。少し落ち込むが、上映後に食べた魚金のランチのブリ丼が大変美味で、元気になる。愛聴しているラジオ番組である「おぎやはぎのメガネびいき」を聴きながら西新宿を散策。中国系の整体を1時間受ける。ここでも寝てしまう。ブックファーストで文庫本を二冊買い、カフェで読んだりして時間を潰す。知人と落ち合い、またもベルクへ。エーデルピルスとソーセージ、チーズの盛り合わせ。

2020-09-12

午前中は寝て過ごす。オリジン弁当を食べる。午後になる。ギターを練習し、論文を書いて本を読み、池袋へ向かう。知人と磯丸水産で酒を飲む。シラスのサラダと枝豆。そして「てしごとや」へ移動し刺身の盛り合わせと茄子の揚げ浸し、日本酒。

2020-09-11

よく眠れずに朝を迎え、お笑い芸人の YouTube などを 8:30 くらいまでだらだら見ながらベッドに身を埋め、体を引っ剥がして出社。妖怪本舗から届いたタヌキのTシャツを着ていく。自分と社会との距離がまた開いてしまい、絶望的な気配を感じつつ駅に向かう。電車の中で川上弘美の小説を読む。職場で時間が流れる。ソニック・ユースなどを聴きながら仕事のようなものをする。本当に仕事なんだろうか? 退社後に髪を切りに床屋へ。帰宅し、オリジン弁当を食べる。30 分ジョギングして、就寝。

2020-09-06

酒が少量でも翌日まで残るようになった。肝臓に障害があるのかもしれない。そういえば右下腹部に違和感がある気もする。後どれくらい生きられるのだろう。 茗荷谷に仕事をしに行く。相変わらずU氏がいた。U氏と庄屋でランチを食す。その後、pupa などを聞きながら仕事をする。レポートを送付して終了。九州に台風がきているようだが関東は晴れている。池袋まで歩いていき、旧友のS氏と居酒屋で食事。ビール中瓶2本とチューハイ三杯。S氏は助教になったらしい。