無能で汚い中年のノート

無能で臭い中年の学習帳です

論文読み会 Vol.4

Sansan DSOC で行なっている、主に社会ネットワークに関する論文読み会のレポート第 4 弾です。昼ごはんを食べながらやっています。

最初に、人の「つながりの消失」についての論文が紹介されました。

論文 ①

Reorganization and Tie Decay Choices

Adam M. Kleinbaum, Management Science 64(5) 2219-37, 2018

問題意識・目的

状況が変わると、人の結びつきは、あるものは残り、あるものは消失する。その消失は、関係性、その人の立場(構造的な位置)、パーソナリティによって影響されるだろう。

データ

アメリカのMBAの学生。秋学期と冬学期のつながりを考察。秋学期から冬学期にかけて、クラスやスタディグループがランダムに変更される。変更されることによってつながりがどうなるかを把握。

仮説と検証結果
  • 相手がネットワークの仲介的立場(複数のグループにコネクションのあるような存在。有力的な存在)であるほど、つながりは消失しにくくなる。
  • マキャベリズム的なパーソナリティ(目的のために手段を選ばない) の人ほど、上記傾向はさらに強まる。そのようなパーソナリティはより選択的につながりを維持している。
  • お互い双方向につながりを感じていると、つながりは消失しにくい。
  • 自己管理ができていない人ほどつながりは消失しにくい。
みんなの感想
  • つながりの消失の傾向に、構造的特性だけではなくてパーソナリティを加えているのが面白く、特に「自己管理」を導入しているのが興味深い。確かに、自分を省みても、人間関係を維持するにはある種の管理能力が必要であり、それがないと人間関係は失われがち。つまり人間関係にはケアが必要で、伝統的なケアのシステム(年賀状やお歳暮など)の機能が弱体化している昨今、とりわけ個人の裁量に依るところが大きくなっているのかもしれない。

論文 ②

Lexical shifts, substantive changes, and continuity in State of the Union discourse, 1790–2014

Rule, A., Cointet, J. P., & Bearman, P. S. (2015), Proceedings of the National Academy of Sciences, 112(35), 10837-10844.

問題意識・目的

1790 年から 2014 年の一般教書演説をテキスト解析し、言語や概念が変化する中で、意味カテゴリーを同定する方法論を作成。どのカテゴリーの語が多く使われるか、その変遷を見ることで、第一次大戦を境にアメリカの政治意識が大きく変わっていることを明らかにした。

方法論

一般教書演説は、「どのイシューが重要か」についての同時代的な認識を反映していると考えられる。ただし、従来のテキスト分瀬駅では、意味の時系列変化をうまく扱えなかった。このため、共起関係のネットワーク構造から、語の意味のカテゴリーを同定するという共起アプローチが用いられる。これは「語は他の語との関係の中で意味を獲得する」という認識論に基づく。これにより、語の意味変容の理由が不明瞭な文脈でも、関係性に着目することで変化の意味を捉えやすくなる。

結果

共起構造から、「国内政治」「生産」「国土」「社会経済」「軍事」「移民」「国政術」「外交」「犯罪」の 9 つのクラスタが抽出された。t 年と t+1 年での平均変化率 (cos類似度) は、大統領の変更に関わらず安定的に 0.3 で、一般教書演説の語彙は安定的に推移していることを示す。もっとも非連続的な変化点は1917 年だった。国政術と政治経済のカテゴリが、外交と国内政治によって置き換えられた。

みんなの感想
  • 政治意識の変遷が、語彙の意味カテゴリの割合の推移で示せるという興味深い論文。様々なケースに適用できそうな内容。軽い文化研究などでは、例えば J-POP の歌詞の推移を見ることで、日本の文化意識の変遷が見れるかもしれないなど。

論文 ③

A SOCIAL CAPITAL THEORY OF CAREER SUCCESSA SOCIAL

Seibert S Kraimer M Liden R, Academy of Management Journal, 2001 vol: 44 (2) pp: 219

要約

ネットワーク構造と社会資本の関係、また、社会資本とキャリア上の成功を調べた論文

論文の目的

社会ネットワークの複数の概念 (弱い紐帯、構造的空隙、資源としての社会関係) を、「キャリアの成功との関連性」という枠組みで統合した上で、社会資本とキャリアの成功の関係を調べる。社会ネットワークと社会資本の関係を問い直し、どのような構造が、より重要な社会資本にアクセスできるのかを調べている

方法
  • サンプル: 448 人、平均年齢 35.6 歳, ビジネススクールや工科大学を卒業してから平均13 年経過した人たちに対するアンケート調査。自分のキャリア形成を助けてくれた人の名前と、その人との関係性の強さを答える。また、キャリアの成功度(出世、給与、自身の仕事への満足度) についても回答。
  • この調査結果からネットワークを作成し、それぞれの構造的空隙指数を計算している。
  • 情報や資源(アドバイスやサポート)へのアクセシビリティは Spreitzer’s six item scale で調査
  • キャリアに対する援助、メンタリング: Dreher and Ash’s global mentoring scale で調査
  • キャリアの成功度は: 出世、給料、個人の満足度の 3 項目
  • 調整項: 性別, 婚姻, 配偶者の労働, MBA 保有か否か、居住エリア, マネージメント職かどうか, 会社規模, ネットワークサイズ
分析
  • 構造方程式 (LISREL 8)
  • 比較のためのモデル: -- 調整項のみで outcome を説明するモデル -- 部分的介在、または介在のないモデル
結果
  • 仮説モデルは、調整項のみを用いたモデルよりも、当てはまりの指標が高い
  • 部分的介在モデルの方が、仮説モデルよりも良い当てはまり指標を示した
  • 非介在モデルは部分的介在モデルよりも悪い指標を示した

  • 弱い紐帯, 構造的空隙は「他の組織との」接触数、「高い地位」との接触数と正の関連があった

  • 他の組織との接触と、情報へのアクセスビリティの間に、正の関係が見られた
  • 高い地位の人との接触数と、情報及びリソースへのアクセスビリティ, キャリア援助には関連があった
  • 情報へのアクセスビリティは、リソースへのアクセスビリティを通して、キャリアの成功と関連があった
  • キャリアへの後援、メンタリングの程度はキャリアの成功と関連があった
考察

ネットワーク構造は社会的資源をもたらし、弱い紐帯数が多い人、構造的空隙にいる人は、他の組織や高い地位との接触数が多い。 社会関係資本は、情報やリソースへのアクセスビリティといった実際的な利益と結びついており、さらに、それらの利益はキャリアの成功と連関している

みんなの感想

メンタリングと成功が関連している点が興味深い。成功する人は、弱い紐帯を利用して高い地位の人と繋がるのみならず、繋がるだけではダメで、「メンタリング」を受けることが必要であることを示唆している。構造的空隙の位置にある人や、高い地位の人に対し、弱い紐帯から強い紐帯に移行することができる人というのは、パーソナリティとも関わる何かがあるのかもしれない。

【論文を読む 1 】The Strength of Weak Ties / Marc Granovetter (1973)

The Strength of Weak Ties

Granovetter M, American Journal of Sociology (1973) vol: 78 (6) pp: 1360-1380

一言まとめ

社会ネットワーク研究において、非常に著名な古典論文。グーグルスカラーで引用数約 5 万件という。

人と人の関係が形成する社会ネットワークにおいて、その紐帯(つながり)の強さに注目し、相対的に希薄な関係(弱いつながり)が重要な機能を持っていることを主張。

自分なりの要約

ネットワークの性質には、密度(可能な結合のうち、実際の結合の割合)や紐帯の強さがある。
紐帯の強さは関係性の強さのことを指す。強い紐帯とは、家族や親友など、感情的に結びついていて、親密で、会う頻度も高く、経済資本のシェアが可能であるような存在。一方、弱い紐帯は仕事の同僚やそれほど会わない友人など、上記と比べた場合に希薄な関係を指す。
紐帯の強さとネットワーク密度には密接な関連があって、強い紐帯の集合はは密度が高くなる。地方のヤンキー同士が互いに全員ダチであるように、強い紐帯にある二者の友人は共通の友人になりやすいためである。一方、弱い紐帯の場合にはそのような閉構造が生じにくい、というか、そういう閉構造とならない関係こそが、弱い紐帯と定義される。
その結果、(定義上)弱い紐帯は異なるサブグループを結びつける存在と表される、というのがこの論文の主張だ。紐帯の弱さという質と、密度の低さという構造、さらにマクロレベルで見た場合は異なるサブグループ間のブリッジ、という一見異なる概念同士が実は定義の言い換えであるという指摘が巧みになされているように思える。

弱い紐帯、つまり「希薄な関係」= ブリッジは、異質な情報をもたらしやすいという独自の機能をもつ。例えば、転職などの「機会」は、弱い紐帯によってもたらされる、と本論文では主張されている。家族やヤンキー友達社会では同質的世界観(資本の資源として見た場合は相互に資本がシェアされやすいというメリットが当然あるが)のため人生の転機となるような「新情報」は得られにくいが、弱い紐帯がそのような情報をもたらしてくれるということで、これについては論文の中で何となくの実証実験も示されている(何となく n 数が少なかったり紐帯の強さの区分が恣意的に見えるけど)。
さらに弱い紐帯は、異なる価値観も伝播させるため、価値観のコンフリクトも引き起こすが、同時にそれらを統合するロジックの生成も促すとも考えられ、より大きな価値観をもつコミュニティが成立する契機をももたらす。一般に都市の人間の方が進歩的で「意識が高く」なりがちなのは弱い紐帯が多いからかもしれないのだ。

気になる点

これは 1973 年の、「概念の提示」的な論文であり、5 万件の引用の中で、様々な事例で実証されたり、反証されたり、理論自体もアップデートされたりしているであろう。これから、それを追っていく。

次に読む論文

Ronald Stuart Burt の 'Structural Holes' を読もう