中年の学習ノート

無能で臭い中年の学習帳です

【論文を読む 2】Structural Holes and Good Ideas / Ronald S. Burt (2004)

Structural Holes and Good Ideas

Ronald S. Burt, American Journal of Sociology, Vol. 110, No. 2 (September 2004), pp. 349-399

まとめ

  • 「仲介」的な立場が社会資本を産み出すメカニズムについての研究
  • ネットワーク構造的に仲介の立場にいる人(拘束度の低い人。構造的空隙) は出世やパフォーマンスが高い傾向にあり、また価値のあるアイディアも産み出すことができている

方法

  • アメリカの電機会社における 673 人のマネージャーを対象とした調査 (name generators and interpreters)
  • ネットワークグラフを作成し, 拘束度指数を計算
  • Burt の拘束度指数 (i の j に対する拘束度)

c_{ij}=(p_{ij}+ \sum_{q} p_{iq}p_{qj})^2 , \ \   for\ q\neq i,j

結果

  • 拘束度が低い人 (疎なネットワークを形成 = 複数集団の仲介的立場) は査定が高く出世が早い (拘束度指数が負の係数)
  • 拘束度が低い人は価値のあるアイディアを産む

気になる点

  • 個人の能力が交絡している可能性はないか。
  • 構造が良いアイディアをもたらすとした場合、そのことをより直接的に観測する方法はあるか
  • 全員が構造的空隙にはなれないので、個人ではなくチーム全体としてのパフォーマンスを考えた場合に、構造的空隙の評価が変化する可能性はないか