2020-04-17

なんとなく息苦しいのは気のせいだろうか。。

一先ず論文を書き終えた。論文は苦しいが達成感は確かにあって、この達成感のために、喉元過ぎて次もまた書きたくなる。 反省点は山ほどある。まず英語力。DeepL と Grammary を駆使してそれなりに書けるとはいえ、ベースとなる英語力がないためにスピードは遅いし最終的な文章が適切な表現かどうか、文意が伝わっているかどうかに確証がもてない。英語力をつけなければ。 それからテーマ。今は一定のペーパー数を出す必要があるのである程度止むを得ないが、やはり critical な問題を見定めて、重要な問いを解くというミッションにしないと、誰も読まないような論文を何ヶ月もかけて書く羽目になるし何より自分が楽しくないというか、時間の浪費感がある。人生は有限なのだ。この反省を生かして次のテーマを考えよう。